ブラックホーク・ダウン

フーバーフーバー

見よう見ようと結局見れずじまいだったブラックホーク・ダウン、ようやく見れました。

ブラックホークと呼ばれる戦闘ヘリの墜落をきっかけに次々起こるトラブル。負傷した仲間を救うため、救出に向かうもさらに負傷者と死人を増やしていく。泥沼のまま作戦時間だけが伸びていく。

 

全体を通して悲哀まみれ、やることなすこと全て裏目裏目、指示系統が悪いわけでもないし、言うこと聞かない兵士がいるわけでもないのに悪い方へと状況が傾いていく。

戦争と戦いの悲しさを映し出す戦争映画ではなくて、アメリカ軍とソマリア民兵の戦いを忠実にかつエンタメ寄りに映した作品。

 

とかなんとか映画レビューもどきみたいなこと書きました。面白かったですブラックホーク・ダウン。戦争映画なんてプライベート・ライアン父親たちの星条旗ぐらいしか見たことがないので、小難しいことも玄人ぶったことも言えませんが、名作と呼ばれるだけの質量と、熱を画面から感じまくりました。

はー次は硫黄島からの手紙です。